お礼など

ボイスドラマ第2弾…仕事に忙殺されているうちにいつの間にか公開されていて驚きました。(第3弾を偶然見つけたことがきっかけで第2弾を知りました…)
思った以上に葦木場くんがのびのびしてるし、「ゆるゆるだよ~いま~」が可愛い…。猫と遊ぶ荒北さん+クライマー2名…可愛い…。新開さんの福富さん通訳っぷりが相変わらずすごい。「アブさん!」w
アニメ4期楽しみだなー!!ねぎらいのバキュン!ねぎらいのバキュン!!でも深夜2時って…放送時間がどんどん遅くなってるような?w
 
◇◇ここからお返事です
*12/11 『I can't live without you.+書下ろし』に拍手とメッセージを下さった方へ
何度も読んでいただいているとのこと、とても嬉しいです。ありがとうございます!荒北さんのお誕生日用に考えた話ですが、当時の私が書きたかったものを全て詰め込んだシリーズでした。“追いかける”をテーマにしたので、最初は『Chase』という名前でしたね…恥ずかしい…。
ボツになった表紙をここで供養(どうでもいい情報で恐縮ですが、この観覧車はPixivのアイコンにも使っていた写真で、海遊館の横にあるアレです。トイカメラ風にできるアプリで撮った写真ですねw)
2017-12-19 23.00.06
1話目:寮を去る最後のシーン。新開さん視点→荒北さん視点への自然な切り替え。どっちの視点なのか最後までわからないようにしたかったんです…。
2話目:ノートに書かれた「好きだ」を荒北さんにどうやってみつけさせるか。
3話目:プロポーズじみたセリフの内容。どうしたら荒北さんらしくなるか。
この辺が苦労した部分で、何度も修正した覚えがあります。懐かしいな~。更新頻度がかなり落ちていますが、これからも更新していきますのでまたお暇なときにサイトに遊びにいらして下さい。メッセージありがとうございました!
 
*12/18 『5年目/from A to S』に拍手とメッセージを下さった方へ
「いつも素敵なお話を~」だなんて、私にはもったいないやら嬉しいやら…いや、とても嬉しいです!こちらこそ読んでいただきありがとうございます!私が好き勝手に書いているだけの話を読んでいただけるだけでもありがたいのに、メッセージまでいただいてしまって…( ;∀;)
『5年目』は、友人としての関係に満足していたつもりがそれ以上を望んでしまい、抑えきれずモヤモヤする新荒を書きたかったお話です。いつもの両片想いな展開でしたが、言葉の端々にお互いへの好意をチラチラさせてみたり、好きを自覚していない高校時代のやり取りを考えたり、書いていて楽しかったです。私は基本的にハピエン主義なので、新荒には幸せになって欲しいと常々思いながら書いています。なので、メッセージで新荒が幸せそうだとおっしゃっていただけてとても嬉しかったです。ありがとうございました!
 
*12/19 『茨の道』に拍手とメッセージを下さった方へ
最後のセリフとは荒北さんの「……好きかも…しんねェ」でしょうか??? 挿絵というか、漫画の1コマのような終わらせ方にしてみてもおもしろいかな~と思いつき、それを実行してみた最初のお話でした。〆セリフを一番最初に考え(ちょっとは直しましたが)、セリフに合わせて話の筋を練っています。結末から考えるやり方は普段はほとんどしないので、自分で思いついたくせになかなか大変でしたw 平気でベロっと舐めてしまう新開さんと、それに慌てる荒北さんの対比が個人的に気に入っています。その後の顔が赤い理由をあからさまな嘘で誤魔化すところも好きです。元の性格や振る舞いが違うふたりなので、彼らのやり取りを考えるのはいつも楽しいです。
新荒は最高ですよね~~!!メッセージを読みながら「ですよね!!わかる!!!」と力強く同意させていただきました。読んでいただきありがとうございました。また遊びにいらして下さいね!

 
 
まったく更新できていないのに拍手を押していただいて、とても嬉しいです。ありがとうございます。いつも励みになっています。
もうすぐ2017年も終わるわけですが、そういえば今年の目標にしていた本づくりができなかったなー…。反省。

-other(日記など)
-

int(1) int(1)