拍手へのお礼や日記など

◆◆拍手へのお礼
ずいぶん時間が空いてしまいました。すみません。
 
*08/21 『夏の思い出』に拍手とメッセージをくださった方へ
何か夏の話を書きたいなと思っていたのでベタですが花火にしてみました。付き合っている前提で花火を観に行く話は以前も書いたことがあるので、今回は付き合う前の二人です。当然のように両片想い前提での新荒ですが、新開さん視点ではそう見えないようにしたつもりです。が、今読み返してみたらそうでもなかったですね。荒北さんの心情が結構バレバレだし、この話の中の新開さんは片想いのまま終わらせてもいいと思っているはずだったんですが、うっかり告白した挙句に強引に花火に連れ出しておまけに手も握ってしまいました。書きたかったものとだいぶ離れてしまった気がしなくもないですが、とにかくふたりがうまくいって良かったです!個人的には手を繋いだままペットボトルのキャップを新開さんに外させるところが一番のお気に入りです。メッセージありがとうございました!
 
*08/21 『そして新荒になる』に拍手とメッセージをくださった方へ
いろんな形の新荒が見たくて考えた話でした。どんな関係の新荒を登場させるか、その組み合わせを考えている時が一番楽しかったです。別の世界線に移るきっかけ(?)や、元の世界線に戻る(戻りたいと思う)理由付けを何度か書き直しています。なかなかいいものが思い浮かばなくて最後まで悩みました…。
年齢パロー!読むのは好きですが自分では全然書けないやつ!!避けてきたネタの一つです。書いている最中も何かしっくりこなくて、その結果他よりも短くなってしまった感じがしますw あ~、違和感がないくらいサラっと書ける方が羨ましい!うまくなりたい…もっと精進します。メッセージありがとうございました!
 
*08/23 『夏の思い出』に拍手とメッセージをくださった方へ
荒北さん→新開さん要素、私も大好きです。もちろん逆も大好きですが素直じゃない荒北さんがデレるからこそいいものです。新開さんは好意を素直に見せる気がするので(黙っていてもボディタッチとか表情とかで駄々洩れになるタイプ)、「好き」だと意地でも言わなさそうな荒北さんは余計にどうにかしたくなります。荒北さんの場合は『いつ、どんなタイミングで好きになったのか』等をあれこれ考えるのが楽しいです。新→荒も荒→新も同じくらいの割合で書こうと思っているんですが、書きやすいせいか荒→新が多くなっちゃいますね…。今度は好きを表現できない新開さんにチャレンジしてみようかな。代わりに荒北さんがめちゃくちゃノリノリで積極的で、それでくっつく新荒とか。メッセージありがとうございました!
 
*08/31 『夏の思い出』に拍手とメッセージをくださった方へ
こちらこそいつも読んでくださってありがとうございます!拍手やメッセージも都度くださるので、そのお気持ちが嬉しいです。私の方こそいつも胸が熱くなっています。無記名での拍手でもなんとなくわかりますよ~。(←これは気持ち悪いですね、すみません。書いてくださる文の感じとかでなんとなくわかります)。励みになっています。ありがとうございます、ありがとうございます。
 
*09/02 『溺れるほどの好きをあげたい』に拍手とメッセージをくださった方へ
いつぞやは萌えへの気づきをありがとうございました。おかげで続編を書くことができました。読んでくださった上に感想までいただいてしまって恐縮です。
言葉で愛情表現する新開さんと、言葉よりも行動派な荒北さん。私が書く新荒はだいたいこんな感じで、この違いが個人的に気に入っています。荒北さんは誘い方や行動が不器用&強引であればあるほど良いですね。襲い受け・誘い受け、大好物です。けど、好き好き言いまくる荒北さんを今想像してみたんですが、それはそれで新鮮でいいですね。「好きだぜ、靖友!」「は? 何言ってんだてめェ。オレのがぜってー好きだっつーの」って意味なく張り合う2人も可愛いなぁ。証明してみせろってふざけながら言い争ってイチャイチャして、“相手をより多くイかせた方が好きが上=勝ち”という謎の勝負になだれ込んでほしいです。メッセージありがとうございました!
 
*09/08 『飼育管理』に拍手とメッセージをくださった方へ
もう一つのケーキバースに比べたらイチャイチャ度がかなり低い話なので、萌えると言っていただけてとても驚いています。そしてとっっても嬉しいです。味覚を失っても炭酸なら喉で感じられるという部分は荒北さんならではの要素ですね。過去の私はいいものを思いついたなあw 唇に汗をなすりつけられるところや、ラストでの新開さんに反応する身体等も好きなシーンです。
主従関係に近いと書いておきながら読み返してみると主従要素が薄い気が…遠慮せずにもっとしっかり書くべきでした。
新開さんが優しくし始めた理由→荒北さんを管理しているうちに楽しくなってきて(ゲーム感覚に近い)、鞭だけじゃだめだと気づいたから。
キスした理由→男同士でのセックスに興味を持ち始めたことと、それによって荒北さんがどう変わるのか見てみたい、より服従させたいと思ったから。
この辺りが明確に書かれていないし、新開さんの態度をもうちょっと酷くしてもよかったかなぁと反省しています。酷い話は潔く振り切って酷くする、今後の課題です。久しぶりに読み返してみて楽しかったです。メッセージありがとうございました!
 
 
他にも拍手をありがとうございました。励みになっています。ありがとうございます!

 
◇◇ここから日記(スぺバイ ネタばれ有り)
・新しいPCが届きましたーーー!
注文した時は納期が一か月以上先との事でずいぶん絶望したものですが、予想(?)を裏切ってお盆休み前には届きました。注文から配達完了まで2週間くらいでしょうか。前回の日記で小説を書きたいと叫んだ翌日に届いたので非常にびっくりしましたw
・前PCは小説を書くために購入した初めてのノートタイプでした。多くの新荒小説と共に歩んできたPCだったので非常に思い出深いです。あの話を書いた場所や、あの話を書いたときの風景、初めてpixivに投稿した時のこと、自分でサイトを作った時のこと、Windows updateのせいで色々やらかされてしまいPCの『電源を切る』が無くなったこと(更新が原因での不具合はよくあります。ググると似たような方がたくさんいらっしゃる。あれ以来更新恐怖症ですw)、起動→即落ちor動作が激重の二択になってしまったこと、等々未だにアレコレ覚えています。購入後早々にキーボードのHが反応しなくなるという不具合もありました。あちこち連れ回したりもしたのに7年半もよく壊れずに付き合ってくれたなぁ~。自分なりにカスタマイズしていたお気に入りのPCだったので、本当はもっともっと長く付き合っていきたかったです。感謝、感謝。2代目でも多くの小説を書いていけるよう、1代目での反省を生かして大事にしていこうと思います。
 
 
・まずは、スペアバイク!!


新章始まりましたね!本屋さんの開店時間まで待てなくて電子で買いました。世間ではサンゾロ(サンゾロかゾロサンかでずっと悩んできましたが、最近ようやくサンゾロで落ち着きました)の再会が話題にあがっていましたが、よく考えてみたら新荒の再会も久しぶりなのでは。2年目インハイでは顔を合わせたシーンがなかったし、これまでのスペアバイク上でも無かった。埼玉でのレースで顔を合わせたと洋南組の会話では匂わせていましたが、そのシーンは描かれていなかった。これまで2人が会わなかった時間…相当ですよ…。妄想じゃない、本誌に描かれた自カプ。素晴らしい。再会に拍手。しかもしっかり会話してましたね!!!読んでいる最中はそれはそれは引くぐらいニヤニヤしました。1回目は興奮しているからササーッと読んで、2、3回目もまだドキドキしながら読んで、4回目辺りからようやく心が落ち着きました。あー、可愛い。新荒かわいい。なんでこんなに可愛いの。
近いうちに広島旅行編くる?それともしまなみレース編かな? 学連とか〇〇選手権とか、そういったものは関係しない地方開催のレースにみんなで参加する話が描かれたら楽しいだろうな~。今日はガチ勝負じゃないから楽しもうぜ~とか笑ってたのに、気が付いたら大学対抗でやる気満々になってるの。スプリンター、エースアシスト、エースが都合よく揃ってますからねw スペアバイクで地方編が描かれたとしたら、「今度はふたりきりで出かけようぜ」ってこっそり会話する新荒の二次が絶対増えると思う。読みたい。
 
 
・ブレンドティー届きました! 丸缶だけでいいかなとも思ったんですが、レターパッケージの方はポストカードみたいに楽しめるのでは!?と閃いたので、結局両方買いました。パッケージをフレームに並べて飾る予定です。これは雑コラですが、こんな感じにしたい。

まだ味わっていないので、これから飲む予定です。ようやく紅茶が合うような時期&気温になってきましたからね、楽しみ~!
 
・今年は開催されないんじゃないかと危ぶまれていたツールドフランス。開催されたこと自体がすでに奇跡なのに、どうにか無事に最終日を迎えようとしています。今年は初日から落車が多く、波乱の幕開けでした。どうなってしまうのかなぁと連日ハラハラしていましたが見どころや興奮もたくさんあり、そして何よりも世代交代をひしひしと感じさせるような大会でした。ツールが終わってもまだまだ多くのレースが控えているので視聴者側としては非常に嬉しいです。が、後倒しになったレースが例年以上に詰め込まれているから選手にとってはハードな日程になりそうですね…。感染が広がらないよう祈るばかりです。

-other(日記など)
-

int(1) int(1)