拍手へのお礼など

◆◆拍手へのお礼
*02/21 『彼を呪う方法』に拍手とメッセージをくださった方へ
ピクシブから来てくださって嬉しいです。ありがとうございます!勢いで書き上げたものの新ジャンルだし無交流だしで、読んでもらえるのかドキドキしながら投稿した話でした。なので、感想をいただけたことにとても驚いています。書き始めた時はチェリーだけの話にしようと思っていました。でも両片想いだったらジョーの気持ちも書いた方がわかりやすいよなぁと、ジョー視点を急遽追加しました。彼の「オレ以外の飯~」も思いつきですが、萌えていただけたなら追加してよかった…!
両片想いの先に進むにはチェリーがデレるというよりも、素直になれないチェリーを理解したうえで「はいはい、わかったわかった。オレの負けだ。それでいいだろ?」みたいにジョーが譲ってあげる気がします。チャリ―はジョーの言い方が不服そうだけど無事にくっつく。喧嘩はずっと続けるんだろうなぁ。制作サイド曰く『甘噛み』の口喧嘩ですからね。彼らの過去も少しずつ出てきて嬉しいですね。7話は話の内容的に辛いけど、高校生のジョチェリが見たくて6話と共にリピートしています。高校生の話も書きたいなぁ。長くなってしまいましたが拍手とメッセージ、ありがとうございました!
 
 
他にも拍手を押してくださった方、ありがとうございます!嬉しいです!
 
◇◇ここからひとりごと
・ケンカップルって加減が難しい…。どっちかがデレたら終わり(=ケンカップルじゃなくなるからダメ)な気がするんだけど、そんなことはないのかな? けど、止まらない口論からの「じゃあやッてみせろよ。できんだろ!?」「おーおー、やってやるよ。逃げんじゃねーぞ」みたいな、勢いで色々進展しちゃう話は作りやすそう。
・ところで高校生チェリーはヤンキーなのかV系なのか、7話を見てからずっと考えてるけど答えがでない。暦がチェリーって連呼した時の「俺に喧嘩うってんのか?」は確実に元ヤンだったし、回し蹴りもそれっぽい。いっそのことピアス多めのV系寄りヤンキーってことでいいか…。それにしても口ピアスがよかったな~。高校生の話を書いたら絶対使う。あのヤンキーが数年後には着物で書道ですか。昔っから書道を嗜んでる(家系が書道家とか)なら、あのチェリーが筆持ってたのかぁ~。はぁ~。ジョーの短髪(ツーブロック?)具合もめちゃくちゃ好き。女子にモテそうだった。いや、当時からめちゃくちゃ人気あったんだろーなぁ。制服着崩してるところも現在への伏線がうっすら見えてたし、単純に腕まくりがかっこいい。あれが18歳頃だとしたら、あれからムキムキに鍛えたのかな。イタリアでの修行中に「お前はもっと鍛えろ。身体をつくれ」って現地シェフに言われててもカワイイ。はぁ…暦のためにも早く8話がみたい。落ち着かない。ジョーは誰とビーフするんだろ。いきなりのVSチェリーは心の準備が追い付かないからやめてほしい。

-other(日記など)
-

int(1) int(1)